スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
えらいこっちゃ。
珍しく帰りが遅くなった日の夜、4月5日の夜、
またまたしろが怪我をして耳の後ろがぱっくり切れていました。

あわあわ‥。

この子は、どうしてこんなに怪我ばかりするんだろう?
ずっと思っていたことですが
成長に伴って少しずつ皮膚も強くなっているといわれていたので
少し安心していました。

急ぎ近所の獣医さんを受診。

しろの皮膚を触って一言

普通の猫に比べてかなり薄い。

傷を見て一言

普通の猫はこんな裂けかたはしない。

(今までも言われてきたことですが、
    しろの背中を触っただけでそういわれたことはショックでした)

とりあえず傷口を見ていただきお薬をもらって帰宅。

なんとなく嫌な感じがして大変に不安になる。


猫の皮膚が薄くなる疾患*はいくつか考えられるのですが
そのどれもに当てはまらず(と他の獣医さんが言っていた)
どうしてだろうとずっと疑問に思っていました。

(*副腎皮質ホルモンの異常によるクッシング病や糖尿病による二次的なものなど)


今回受診した病院の先生も
(怪我をしやすい皮膚の)そういった事例は聞いた事が無いとのことでした。

これまで別の数人の獣医さんに尋ねたこともあるのですが
同じように言われてきました。

(苛められているのではとか、皮膚病があると酷く掻いて皮膚が切れることもある
 とか言われたが、しろちゃんにはどちらもあてはまらなかった)

自分なりに調べていたところもしかして‥これが原因なのかな?ということにたどり着きました。

そろそろ再来をと思っていたところ
14日の朝、新たに横腹に大きく毛が抜けたところを発見!
また怪我したのか????


初めてこんな風になりました。
皮膚炎なのか、何かにぶつかって皮膚が薄く損傷して毛が抜けたのか‥。
まったく痒がってはいないのですが‥。
透明の薄いテーブルクロスでケージを囲んだことと何か関係があるのかな‥?
???

DSC_6461_535_20090419223741.jpg

写真が新たに異常が起きたわき腹の部分。
上に少し写っている肩の部分と二箇所に起きました。
写真には写っていませんが耳の後ろもまだ治ってはいない、が順調。


本猫は元気いっぱいで食欲もあるのですが、
私は不安でいっぱいでした。

その日の夕方(再来の予定もあったため)受診。

その後どうですか?と尋ねれれましたが、

ダメです、また怪我しています。と答えました。

診て頂いたところ新しい傷は怪我ではなく皮膚炎のようだとのこと。
原因は不明だが
傷口はなく、楕円形に毛が抜けて皮膚があらわになっているのだった。

たぶん青い顔をしていたのではと思います。

先生が、

「このまえtarataraさんが帰った後に調べてみたんだけどね‥」

といって本を見せてくれました。

獣医さん用の専門の本です。

そこには思ったとおりの疾患名(というか先天異常)が書いてありました。

コラーゲンをつくる酵素の一部が先天的に(遺伝的にまたは突然変異的に)欠けておるために
正常な皮膚をつくることができず
脆弱な皮膚や伸展性のある皮膚となり、
わずかな外傷によっても容易に裂けるのが特徴である。

猫以外に牛、羊、犬、ミンク、人で報告されている。

めずらしい症例であり、先生も25年間の獣医生活で初めて診たということでした。

しろの皮膚は大変よく伸びます。
そして以前縫合していただいた先生より
まるで紙のように裂けるといわれた事があります。
浅く縫うと裂けたそうです。
(その時はそんなに大きく切れていなかったはずなのに
縫合が終わったら三倍くらいの長さの傷になっており驚いたことがありました。
縫うたびに裂けていったと言われていましたが本当だったのだな‥)

正確な診断には難しい検査が必要になりますが
(皮膚を電子顕微鏡でみたり、遺伝子検査のようなもの)
皮膚の伸展性と皮膚の脆弱性を併せ持っているということで
ぼぼ診断がつくということです。

皮膚の脆弱性については同じ疾患でもさまざまであり、
遺伝的背景についても複雑であり、
重症度の高い個体から軽度個体まで、
皮膚の伸展性のみだったり、
皮膚の脆弱性だけだったり、
双方併せ持ったりとさまざまであるようです。

昨日までのしろちゃんと、これからのしろちゃんはなんら変わることはないのですが、

私自身で調べたことや獣医さんから頂いた本のコピーをよく読んで疾患を理解し、

また、ほぼ診断がくだったこともあり、

気持が沈みこんでおります。

DSC_6458_537.jpg

しろちゃんもしょぼん‥。



(他にもさまざまな(しろちゃん以外の)理由もあるのですが)


しろちゃん‥大変な事になったね(というか以前からだったのですが)。
と話しかけました。

大きな声で鳴きながら逃げ回ったのにキャリーに詰め込まれて
獣医さんでは痛いことはされなかったのだけど
家に戻ってきたら、
しろちゃんはシュンとなっていた。

抱っこして爪を確認して(いつも短く切っている)
少し伸びていた狼爪を切っていたら

抱っこされてご機嫌にゴロゴロいっていたのに
とつぜんパンチされてしまった。(爪は出さないので痛くないです)

なんで~。

「しぇからしか!!」(しろ)


いろいろな呼び方があるようですが、

皮膚無力症という疾患です。

結合組織の疾患というと分かりやすいかもしれません。
コラーゲンも結合組織です。



他に
Ehlers-Danlos 症候群
(人間のEhlers-Danlos 症候群と似ているが関節の過伸展性や関節の弛緩が起こることはまれである)
ゴム犬病
皮膚脆弱症候群
コラーゲン異形成優性遺伝
皮膚亀裂症
などの呼び名があります。

本のタイトルを聞き忘れたのですが

第11章先天性および遺伝性疾患 P619-623 より

少し古い本だということですが
あまり研究も進んでいないかもしれません。

皮膚は避けやすいのですが傷は治りやすくあるそうです。
縫合はマットレス縫合法を用いるように書かれておりました。
(浅く皮膚をとって縫うとそこから裂けるようです)


獣医さんが(先天異常のために治療法がないので)サプリメントなどを探してくれたそうです。

コラーゲンやコンドロイチンなど(人間用)があるようですが、
コラーゲンをつくる酵素が欠損しているので意味が無いかもしれませんねとのこと


調べてくださっただけでも嬉しい気持ちがしました。

ちなみに、
人間だと、アスコルビン酸(ビタミン C)は出血を軽減することがあるといわれているようで
アセチルサリチル酸(アスピリン)は回避すべきだと書かれています。


しろちゃんに対してできることは、

怪我をしないようにできるだけ気をつけること。
喧嘩や交通事故を避けるだけでなく、
単なる日常的な活動の間にも特別な保護が必要である(前述の本より)。


激しくぶつかったりすることもよくないのです。
しろが野良ちゃんだたら生き延びることはできなかったのだなと思います。
女の子だったら避妊手術のときにどうなっただろうかと思います。
しろは男の子でよかったね。


いつか獣医学が進んで
動物たちも遺伝子治療など受けれるようになればこの疾患も克服できるのだろうと思います。


心配なのは、
コラーゲンの欠陥ということは、
皮膚だけにとどまらないのでは?と思われるからです、
獣医さんに尋ねたのですが分からないということでした。

猫白血病のキャリア猫だったフィータンに比べるとはるかに傷の治りはいいのですが、
治りかけの傷を引っ掻くとまたそこが裂けてしまいます。

上記の本に場合によっては爪を抜いてしまうこともあると書かれていましたが
それはちょっと‥と思います。

まんまるお月しゃま、あたちのお怪我がよくなりますように‥。(しろ)

DSC_6443_538.jpg



人間のEhlers-Danlos 症候群の方たちは友の会(患者会)があるようです。

◆ 日本エーラスダンロス症候群協会(友の会) 
http://ehlersdanlos-jp.net/modules/EDS2/





まんまるおかおで悪かったわね。これでも心配しているのよ。(みけちゃん)

DSC_6358_545.jpg




我が家は犬や大勢の猫がいる環境なのでいろいろ考えると悩ましいです。









スポンサーサイト
【2009/04/19 22:58】 | しろ | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
<<すずめさんの雛を保護していました。(1)&千葉県船橋市近郊の方へお願い。 | ホーム | 祝♪佐世保発SOS里親さん決定!!>>
コメント
偶然なんですが、皮膚無力症という病気を最近テレビかネットで見かけたことがあるんです。症例は人間か犬かのどちらかだったはず。詳しいことは全然思い出せなくてスミマセン。
細胞の病だとすると、内蔵に影響がないか心配ですね。
症状が今以上に進まないことを祈るばかりです。
【2009/04/20 11:00】 URL | キュウ #-[ 編集] | page top↑
・・・これもめぐり合わせデ・
落ち込みしずんでしまったら、・・あとは上をむいて浮くように
心の筋肉としろちゃんの皮膚が強くなることに精進していきましょう。なんて・・いってしまうけど。私も顎が割れた子や呼吸困難なヘルニアの子を家に迎えたとき・・先が真っ暗状態でした。
自分の環境やいろいろめぐると、どこまでケアーしてあげれるかと。
でも・・ミラクルパワーな猫さんたちに反対に、元気をもらっている昨今です。・・・いろいろ勉強になるね。
【2009/04/20 15:05】 URL | 来夢/ホロリン #aW8qDj4U[ 編集] | page top↑
本当に心配になりますね。確かに先が真っ暗な状態の時も
あります。でも、私達が保護していると思っても、
逆にこの子達から癒されている時の方が多いんですよね。:))

tarataraさんには本当に頭が下がります。
本当にブログのタイトルと一緒で”猫が教えてくれる事”沢山あります。
しろちゃん!頑張れ~。みんな応援してるよ~:))
【2009/04/20 16:52】 URL | Quantum #-[ 編集] | page top↑
私のコラーゲンを分けてあげたいです。

私の場合、コラーゲンが異常に増加し続けてケロイドを形成する体質です。真性ケロイドもあるし、傷痕のケロイドもあります。

この体質は、喘息やアレルギー、膠原病(結合組織病)とも関係しているらしいのですが、今更どうしようもなくて・・・。

しろちゃんにコラーゲンを与えて済む問題じゃないんですよね?何も悪い事をしていないしろちゃんが、どうしてこんな目に遭うのか・・・辛いですね。

でも良いお医者様と出会えたようで、少し心強いかな?

元気で頑張ろうね!
【2009/04/21 00:27】 URL | 川口 一惠 #Ul2d4ERU[ 編集] | page top↑
しろちゃんの皮膚、少しずつ強くなっていると聞いていたので
一昨日、このことを拝見して、私もショックを受けてしまい
すぐには書き込めずにいました。
ほぼ確定診断がついたことで、なにかわからない不安からは
一歩進んだとはいえ、治療法に出会いたいですよね。
でも、思いがけず、近くにいい先生がおられることがわかって
そのことは本当にラッキーなので、
しろちゃんは運がいい! と前向きに受け止めましょうね!
ミケちゃんと一緒にいられることでしろちゃんは嬉しいし
普段からなさっていることだけれど、、
サプリ等で免疫力を高めておくことに留意しながら
「きっとよくなる! しろちゃんは強い子だから大丈夫!」 と
毎日、強く強く信じ続けて!
これは、家の子たちになにかあるたびに実行し続けていることなんですが、
本当に効果があるんですよ!
先日もジルの歯根膿瘍でそれを実感したところなんです。

少しでもなにか出来ることはないかと思い、文献も含めて検索していたのですが、
症例が少ないせいか、治療法に繋がる情報にヒットしませんね・・・。
それでも、症例を持っている病院の先生になら、相談できる可能性があるかも・・・
と思って調べていました。
もう既にtaratara さんご自身で見つけておられるかもしれませんが、
ダメ元で連絡してみられてはいかがでしょうか。
珍しい症例なだけに、横の繋がりがあって
症例をお持ちの少しでも近くの他院を紹介していただけるかもしれません。

表で書き込んでいいかどうかわからないので鍵コメでお知らせしますね。
こんなことしかできなくて、本当にごめんね・・・。
でも・・・ いつも応援してるからね。
taratara さん、気持ちを強く持って頑張って!!!
【2009/04/23 18:39】 URL | ramby #WR.WlwSI[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/04/23 18:40】 | #[ 編集] | page top↑
キュウさま
皮膚無力症だったらわんちゃんかな?
人間のエーラス・ダンロス症候群のテレビ番組も放映されたことがあるようです。
毎日(かな?)つくられるコラーゲン組織に
正常なところと異常(弱い)ところがあるような状態みたいです。
コラーゲンは繊維状になっているそうです。
怪我をしてもちゃんと治るのでそれはありがたいです。
目に見えないところで何か起きていたら分からないですよね‥。
それが心配です。
あとは、ほかの子がいないところが一番安全なのですが
それが我が家で難しいのが‥ね。
ぼつぼつやっていこう、という感じです。(なんのこっちゃ)

ホロリンさま

めぐりあわせですか。
しろは可愛さ一番だったので何度も問い合わせがあった子なんです。
なかなかよいご縁に結びつかなかった子なんですよ。
でも、我が家の近所でそんな難しい病気の子が生まれるとは‥。
いろいろ勉強になるです。
確かにしろは病気にめげずに元気いっぱいです。
こっちが元気をもらっているのかもなー。
なるほど、そうかもしれません。

Quantumさま
応援ありがとうございます。
>私達が保護していると思っても、
>逆にこの子達から癒されている時の方が多いんですよね。
そうですね。
私が何とかしなくてはと思うのはおかしなことかもしれないな‥。
なるほどです。でも、すぐそう考えるんですよ。
思い上がりでもあるかもな‥うんうん。と納得しちゃいました。
いつも素敵なコメントありがとうございます。
ご実家のちびたさんの具合はいかがですか?
顎が折れていたなんて‥どうしてだろうと思います。
21歳の身体で手術に耐えたんですね。
毎日の生活に支障がないといいなと思います。
ご実家は梅がきれいなのですね。猫ちゃんたちの恩返しですね。

川口さま
膠原病も結合組織病なのですね。
ケロイド体質ですか?なんとも不思議、同じです。
コラーゲンの異常増殖が原因なのですか!知らなかったです。
知らないことが多いです。
どうしてしろがそんな疾患になったのだろうと思います。
巡り会わせなのかな‥。
よい環境で怪我させないようにしてあげたいことと、
甘えん坊なのでもっと一緒にいてあげたいことが
今の我が家では相反するので、そこが頭の痛いことです。

rambyさま
コメントありがとうございます。
鍵コメもとても参考になりました。
「きっとよくなる! しろちゃんは強い子だから大丈夫!」 
話しかけています。
でも(笑)しろは兄弟で一番強いんですよ、こはくやまおにパンチしています。
やんちゃで元気だからみんなと思う存分遊ばせてあげたいんですけどね。
ジルちゃんどうですか?よくなってきましたか?
rambyさんはしっかりケアされているからジルちゃんも安心ですね。
ジョジョさんはどうですか?グランはまたウールを齧りましたよ(笑)。
【2009/04/26 18:58】 URL | taratara #xw27v.Lk[ 編集] | page top↑
お久しぶりです。
初コメントします。
しろちゃん・・・まんまるお月様へのお祈りが
かなえられる日がくるといいですね。
動物の研究って人間ほど進んでいないのですよね。
早く人間のように猫白血病も治る病気になってほしい・・・と
いつも願っています。
皮膚が薄いってしろちゃんの場合は先天性の病気でしょうが
我が家の死んだガブリエルもものすごく皮膚が弱かったのです。
最後は肉球がボロボロになってしまって。
なんだかとっても切ないです。
しろちゃん、tarataraさんがんばってくださいね。
【2009/04/27 22:10】 URL | ぺろこ #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/05/01 00:27】 | #[ 編集] | page top↑
ぺろこさま
カブリエル君皮膚が弱かったんですか?
肉球は免疫力が弱るとかさかさになったりするそうです。
(犬が抗がん剤治療をした後、かさかさになってパット自体が取れたり(!)しました)
カブリエル君、肉球がボロボロだったんですか?
かわいそうでしたね。
ほんと切ないです。
早くこの病気(猫白血病)の治療法が見つかるようにと心から思います。

応援頂いてありがとうございます。
しろちゃん、お陰さまで今のところ新たな傷はありません。
ぼんやりしていてお返事遅くなりました。
ぺろこさんのブログ、興味深いことが沢山!!
時々覗いています。

鍵コメさま
コメントありがとうございます。
にゃんこの場合は関節などの症状はみられない(ことが多い)ようです。
皮膚はよく伸びます。
仔猫のとき(も)首の後ろをつまむとよく伸びていたのを覚えています。
皮膚の伸びと弱さでも、ある程度診断できるようです。
めずらしい病気のようでご存じない獣医さんも多いようです。

お膝大丈夫でしたか?治りがよくないとは‥。
にゃんこは耳の後ろなど皮膚が薄いので、しろも耳の後ろなどを怪我しやすいようです。

コメントありがとうございます。嬉しかったです。
しろちゃんがこれから気をつけるべきことなどありますでしょうか?
これからもアドバイスなど頂けるとありがたいです。
【2009/05/09 03:54】 URL | taratara #xw27v.Lk[ 編集] | page top↑
お元気ですか?
コメントありがとうございます。
最近更新が無かったので心配しておりました。
こちらのブログは毎日覗いております。:)
【2009/05/12 09:26】 URL | Quantum #-[ 編集] | page top↑
v-288Quantumさま
ありがとうございます。
猫がまたまた増えて(!!)あわあわしています。
そう…また増えている…。
なんとか元気にしています!こちらは夏日ですよ~。
更新がんばれ!更新がんばれ!と自分に掛声掛けています。(笑)
ああ、それなのに~、なかなか更新できないのでした。
【2009/05/12 15:20】 URL | taratara #xw27v.Lk[ 編集] | page top↑
こんにちは。その後しろちゃんはいかがですか?少しでも良くなるといいですね。
この度はブログ開設にコメント戴いてどうもありがとうございました。
【2009/06/01 11:43】 URL | Mosse☆Mama #-[ 編集] | page top↑
10年やってますが、先日初めてダックスフントで遭遇しました。
同居犬との軽い喧嘩のたびに大怪我をしてくるのですが、
診察時になんとなく耳の後ろの毛玉を引っ張ったら
皮膚がビビ~~~と裂けました・・・(もちろんこれは無料で治療させて頂きました)
【2009/08/12 19:58】 URL | 通りすがりの獣医 #-[ 編集] | page top↑
通りすがりの獣医さま

コメントありがとうございます。

そうですか‥。
私も先生に30年近く獣医師をしていてはじめて診た(見た)といわれました。
毛玉をひっぱったら裂けましたか‥。
そのダックスさんは何歳だったのでしょう?
同居のわんちゃんと喧嘩をするのですね。
心配ですね。家具などにぶつかっても皮膚が赤くなりますし‥。
傷の自体の治りは早いのですが、かさぶたがいつも幾つかあるんですよね。

別の獣医さんより怪我したら即傷を保護するクリームをつかってみたらと提案してもらっています。
子猫の頃はよく分からずに言われるままに縫合していたのですが、
(全部あわせたら何十針‥百針近くも)縫っています)、
今は傷口を観察しながら酸性水などで清潔にして(壊死した部分を除去したりしながら)
カサブタがきれいに形成されるまで手当てしています。
皮膚以外にもなんらかの症状がでるのかなどがよく分からずなんとなく心配ではあります。
症例自体が少ないのですね。
なにかよい情報がございましたら宜しくお知らせください。
【2009/08/27 23:33】 URL | taratara #xw27v.Lk[ 編集] | page top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/08/12 08:02】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tarachibi.blog115.fc2.com/tb.php/74-4b4ccb5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。