スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ご無沙汰いたしました。
色々ありましてなかなか更新できませんでした。
長らくご無沙汰いたしました。すみません。

さて、さて、ずずめさんはその後お世話をしながら、
朝日が昇るころ(人や車が往来するまえの時間)に
お母さんすずめに気付いてもらい
母すずめの元へ帰ってもらおうといろいろと苦心しましたが、
天候不良もあり、なかなか上手くいかずに3日が経ち、
野鳥センターに電話相談しました。

「そんなに簡単に(母すずめの元へ)戻せないですよ。連れてきてください。」とのこと、

このまま私が育てるよりよかろうと母すずめに戻すことをあきらめて
野鳥センターへ託しました。

DSC_6681_561.jpg


3日間もお世話すると可愛くって別れが寂しかったです。

すずめのおっきいさんとちいさいさん。
(向かって右のちいさいさんが水に落ちていた子)
うんちはじぶんでしてくれるから
ごはんのお世話と保温が主なお仕事。

巣立ったあと子すずめ達は、
母すずめや姉さん兄さんすずめから餌の食べ方、
敵がきたときの隠れ方、
飛び方、色々な事を習います。
大人のすずめのように上手に飛べるようになるのはまだ先で、
そのまま野に放してもひとりでは生きていけません。

などなど、今までしらなかったことを勉強しました。
(すずめっこクラブ さま ありがとうございました)



その後も別の巣から落ちた小すずめを(これは巣立つ前の小さな雛でした)、
何羽もレスキューすることになりました。

すずめ、すずめ、の毎日でした。(どうして?だったのかな?‥)


さて、さびちゃんのその後ですが、

里親希望の方がいらして会いに来てくださいました。
獣医さんで一時間以上も遊んでもらい、抱っこされ、楽しいひと時だったと思います。
久しぶりにさびちゃんはケージの外で長時間遊びました。
(あまりに長時間で先生にはご迷惑なことだったと‥反省)

若いご夫婦だったのですが、
後で伺うとなんと新婚3ヶ月目(!)、
猫が大好きな奥さんと慎重そうなやさしいご主人との間で、
猫と暮らすかどうかがまだ決まっていないようでした。

どうぞゆっくり考えてください、とお伝えしました。

数日話し合いを続けられて、
これから生活がどう変わるか分からない今、
さびちゃんをというより猫を飼うことをやめよう、ということになったそうです。


DSC_6661_564.jpg


「さびちゃんもすこぉ~し残念やったけど、沢山抱っこしてもらって楽しかったとよー。」


その後も問い合わせを頂き、
お見合いの日も決まっていたところに
駅のゴミ箱に捨てられていた子猫(酷い話です)を里親にという話がきたそうで、
可哀想なその子を優先したいとのことでした。

長年の夢だった猫を飼うことを決心されて、
脱走防止の事、トイレの事、色々な事をやり取りしていたところだったのですが、
(早速脱走防止の大工仕事をされると言われていました)

だけどこれもご縁なのだろうと思いました。

その後、子猫ちゃんの写真を送ってくださいました。
たくさん、たくさん可愛がってもらって幸せになってね~!!

DSC_6663_563.jpg

「さびちゃんはいいとよ、大丈夫と、
         ひどかことがあるとね‥その子猫さんにおうちが決まってよかったぁー。」




という訳で、
ちょびっとふくよかになったやさしいさびちゃんの里親さんを募集しております。


追伸:

ほかのにゃんこたちもみんなそろって元気にしております。

今夜はオレンジ色の半月の月が出ていて、
そのうちにみかんの季節になるな‥などと思いました。(笑)

秋も近しといった天候ですね。

今年は秋が早いのかな。


ほんとにご無沙汰してしまいました。

ご心配頂いた方、すみませんでした。
スポンサーサイト
【2009/08/26 22:38】 | さびちゃん | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
さびちゃんと隣人(猫)ハクちゃん。
さびちゃんの獣医さんでの生活も半年以上となります。
さびちゃんは診察室のすぐ横で生活しています。

さびちゃんの面会には度々行きますので
獣医さんでいろいろな事に遭遇します。

さびちゃんのお隣にはハクちゃんという仔猫がいます。


DSC_6175_530.jpg
この子がハクちゃん。真っ白で長い尻尾。頭頂に ‘ハ’ の模様がキュート。

「僕、げんきになって大きくなったよ。」


私が初めて獣医さんでハクちゃんに会ったとき、
左の肩の後ろあたりから左の脚にかけて大きく毛刈りをされており
小さな体の半分くらいはあろうかという大きな大きな縫合の痕がありました。
皮膚も赤黒く変色していたような気がします。
きっと打撲もあったのではと思います。

当時ハクちゃんは体の左側に大怪我をしていました。

ハクちゃんが獣医さんにたどり着いた時には全身が車のオイルまみれで
体の左側はぐちゃぐちゃだったそうです。

ハクちゃんはその頃生後1月半くらいだったのでしょうか。
2008年の12月頃だったのではと思います。

小さな仔猫のハクちゃんは寒さを凌ぐためでしょうか、
寒い12月のある日、車のエンジンルームに入り込んでいて事故に遭ったようです。
半身に大怪我をして動けなかっただろうと思います。
誰もが見てみぬフリだったのでしょうか、
かなりの期間そのまま放置されていたそうです。
(道かガソリンスタンドの脇だと聞いたような記憶があります)

近くで仕事をされている方が
(たぶん、何度も通るたびにそのままになっている汚れて瀕死の仔猫をかわいそうに思い)
このままだと誰かが保健所を呼んで処分されるだろうと
見るに見かねたある男性が獣医さんへ連れてきたそうです。

さびちゃんの向こうの受付の端っこで小さなケージに入って
大きな傷はきっとまだ痛いだろうに
ゴロゴロいいながら身体をケージにすりすりしていた
とても性格のいい子でした。
か弱い声で にゃぁお と 「僕も見てね」 と呼んでいました。


DSC_6180_521.jpg

「ハクちゃん、そうやったとねぇ‥。偉かね。」



今もかわらずゴロゴロと人懐っこい子ですが、
心配された脚の複雑な骨折も怪我も順調によくなり
(いつもケージにいるので見たことはないですが)走ったりもできるそうで
心配されていた運動能力にもなんら問題ないそうです。
そのうちにブレードを抜く手術をすると聞いています。

大きかっただろう左の青いおめめは、視力がないかもしれないそうですが
私にはちゃんと見えているような気がします。

その時からずっとハクちゃんはさびちゃんの近くで過ごしています。
どちらも性格のよいかわいい子です。

遊びたい盛りのハクちゃんは、
どきどきケージの隙間から手をだして
遊んでよーとスタッフに声をかけています。

さびちゃんに会いに行く度にハクちゃんにも、
「ハクちゃんは偉かったねー」と話しかけています。


DSC_6170_519.jpg


「ねえー、さびちゃんは~。」


さびちゃんも偉いよ。

DSC_6184_522.jpg

「みとって、ごろーんもね、できるとよ。」



DSC_6191_525.jpg


「さびちゃんのしっぽはながかと、あんよは茶色かと。」



banner_sabichan


「動くとよ、かわいかろ?
    さびちゃんがいい子やけんつくってくれらしたと。 かわぐちさんからもろたとよ。」



さびちゃん、栄養状態がよくなって毛がふわっとしてきました。
体重もちょっと増えたようです。

どんな患畜さんがきても動じないようで、
相変わらず診察室の横で看板猫をしています。

来院される方より さびちゃ~ん、と呼んでもらうこともしばしで、
多くの方に名前も覚えてもらっているそうです。


【2009/04/10 03:06】 | さびちゃん | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
さびちゃんの里親さん募集中
さびちゃんの里親さんを募集しております。

banner_sabichan


ブログで紹介しました藁を食べていた子です。

みけちゃん、あのね‥。

みけちゃん、あのね‥。(2)




昨年(平成20年)秋ごろに、

偶然に我が家へごはんを食べに来るようになったのを機に避妊の為捕獲しました。

獣医さんで恐る恐る診察台に乗せたところ、
驚くことにゴロゴロとのどを鳴らしてエコー検査や爪きりも簡単に出来る子でした。

エコーの為に仰向けになるのもとても上手でした。

お外で見かけていたときは近寄ると逃げていたのですが、
愛情に飢えていたのか大変に人懐っこくエコーをあててもゴロゴロ。
爪切りのためにお手手を持った時にもゴロゴロ。

あまりに人懐っこいために、
獣医さんよりこの子の里親さんを募集できないだろうかと提案を受けました。

人と暮らすことに向いている子です。

さびちゃんと一緒に暮らしてくださる里親さんを募集いたします。

ご協力お願いいたします。




仮名:さびちゃん(女の子)

sabi-1.jpg


保護時(10月初め)約7ヶ月ほど
体重:約3kg
ノミ・寄生虫:駆除済
耳ダニ・皮膚病等:なし

猫白血病、猫エイズ:共に陰性
避妊:済
三種混合ワクチン:第一回・第二回共に済

得意技:上を向いてごろ~ん

チャームポイント:緑色のきれいなおめめ。
           両手先の輝く麦の穂色、まっすぐ尻尾。


現在我が家には保護猫が数頭おり、
さびちゃんは獣医さんで預かっていただいております。

獣医さんやスタッフの皆さんに可愛がっていただいていますが、
病気の犬や猫が入れ替わり来院してくる動物病院は、
落ち着ける良い環境ではなく、
早く里親さんを見つけてゆっくりとした暮らしをさせてあげたいと願っております。

まだ若く人懐っこく賢い子です。
自己主張も出来、しっかりと自立したところもあるように思います。
人と同じ目線で対等に暮らせる子ではないだろうかと思います。

会ったらきっとさびちゃんの事が好きになる、そんな子です。

さびちゃんによいご縁を繋いであげることが出来たらと思っております。


里親さんへのお願い
1. 完全室内飼いでお願いします。
2. 目に見える形での脱走防止をお願いいたします。
3. 健康管理やフードにも気遣いをお願いいたします。
4. 負担のない範囲でさびちゃんの近況を教えてください。

飼っている猫が脱走して居なくなった話や、
お外で交通事故に遭った話を聞きますと胸が痛いみます。
お外に出てしまった為に大変恐ろしい目にあう猫ちゃんも中にはいます。
どうぞご理解ください。


よいご縁をお待ちしております。


sabi-2.jpg




【2009/03/19 04:55】 | さびちゃん | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。