スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
えらいこっちゃ。
珍しく帰りが遅くなった日の夜、4月5日の夜、
またまたしろが怪我をして耳の後ろがぱっくり切れていました。

あわあわ‥。

この子は、どうしてこんなに怪我ばかりするんだろう?
ずっと思っていたことですが
成長に伴って少しずつ皮膚も強くなっているといわれていたので
少し安心していました。

急ぎ近所の獣医さんを受診。

しろの皮膚を触って一言

普通の猫に比べてかなり薄い。

傷を見て一言

普通の猫はこんな裂けかたはしない。

(今までも言われてきたことですが、
    しろの背中を触っただけでそういわれたことはショックでした)

とりあえず傷口を見ていただきお薬をもらって帰宅。

なんとなく嫌な感じがして大変に不安になる。


猫の皮膚が薄くなる疾患*はいくつか考えられるのですが
そのどれもに当てはまらず(と他の獣医さんが言っていた)
どうしてだろうとずっと疑問に思っていました。

(*副腎皮質ホルモンの異常によるクッシング病や糖尿病による二次的なものなど)


今回受診した病院の先生も
(怪我をしやすい皮膚の)そういった事例は聞いた事が無いとのことでした。

これまで別の数人の獣医さんに尋ねたこともあるのですが
同じように言われてきました。

(苛められているのではとか、皮膚病があると酷く掻いて皮膚が切れることもある
 とか言われたが、しろちゃんにはどちらもあてはまらなかった)

自分なりに調べていたところもしかして‥これが原因なのかな?ということにたどり着きました。

そろそろ再来をと思っていたところ
14日の朝、新たに横腹に大きく毛が抜けたところを発見!
また怪我したのか????


初めてこんな風になりました。
皮膚炎なのか、何かにぶつかって皮膚が薄く損傷して毛が抜けたのか‥。
まったく痒がってはいないのですが‥。
透明の薄いテーブルクロスでケージを囲んだことと何か関係があるのかな‥?
???

DSC_6461_535_20090419223741.jpg

写真が新たに異常が起きたわき腹の部分。
上に少し写っている肩の部分と二箇所に起きました。
写真には写っていませんが耳の後ろもまだ治ってはいない、が順調。


本猫は元気いっぱいで食欲もあるのですが、
私は不安でいっぱいでした。

その日の夕方(再来の予定もあったため)受診。

その後どうですか?と尋ねれれましたが、

ダメです、また怪我しています。と答えました。

診て頂いたところ新しい傷は怪我ではなく皮膚炎のようだとのこと。
原因は不明だが
傷口はなく、楕円形に毛が抜けて皮膚があらわになっているのだった。

たぶん青い顔をしていたのではと思います。

先生が、

「このまえtarataraさんが帰った後に調べてみたんだけどね‥」

といって本を見せてくれました。

獣医さん用の専門の本です。

そこには思ったとおりの疾患名(というか先天異常)が書いてありました。

コラーゲンをつくる酵素の一部が先天的に(遺伝的にまたは突然変異的に)欠けておるために
正常な皮膚をつくることができず
脆弱な皮膚や伸展性のある皮膚となり、
わずかな外傷によっても容易に裂けるのが特徴である。

猫以外に牛、羊、犬、ミンク、人で報告されている。

めずらしい症例であり、先生も25年間の獣医生活で初めて診たということでした。

しろの皮膚は大変よく伸びます。
そして以前縫合していただいた先生より
まるで紙のように裂けるといわれた事があります。
浅く縫うと裂けたそうです。
(その時はそんなに大きく切れていなかったはずなのに
縫合が終わったら三倍くらいの長さの傷になっており驚いたことがありました。
縫うたびに裂けていったと言われていましたが本当だったのだな‥)

正確な診断には難しい検査が必要になりますが
(皮膚を電子顕微鏡でみたり、遺伝子検査のようなもの)
皮膚の伸展性と皮膚の脆弱性を併せ持っているということで
ぼぼ診断がつくということです。

皮膚の脆弱性については同じ疾患でもさまざまであり、
遺伝的背景についても複雑であり、
重症度の高い個体から軽度個体まで、
皮膚の伸展性のみだったり、
皮膚の脆弱性だけだったり、
双方併せ持ったりとさまざまであるようです。

昨日までのしろちゃんと、これからのしろちゃんはなんら変わることはないのですが、

私自身で調べたことや獣医さんから頂いた本のコピーをよく読んで疾患を理解し、

また、ほぼ診断がくだったこともあり、

気持が沈みこんでおります。

DSC_6458_537.jpg

しろちゃんもしょぼん‥。



(他にもさまざまな(しろちゃん以外の)理由もあるのですが)


しろちゃん‥大変な事になったね(というか以前からだったのですが)。
と話しかけました。

大きな声で鳴きながら逃げ回ったのにキャリーに詰め込まれて
獣医さんでは痛いことはされなかったのだけど
家に戻ってきたら、
しろちゃんはシュンとなっていた。

抱っこして爪を確認して(いつも短く切っている)
少し伸びていた狼爪を切っていたら

抱っこされてご機嫌にゴロゴロいっていたのに
とつぜんパンチされてしまった。(爪は出さないので痛くないです)

なんで~。

「しぇからしか!!」(しろ)


いろいろな呼び方があるようですが、

皮膚無力症という疾患です。

結合組織の疾患というと分かりやすいかもしれません。
コラーゲンも結合組織です。



他に
Ehlers-Danlos 症候群
(人間のEhlers-Danlos 症候群と似ているが関節の過伸展性や関節の弛緩が起こることはまれである)
ゴム犬病
皮膚脆弱症候群
コラーゲン異形成優性遺伝
皮膚亀裂症
などの呼び名があります。

本のタイトルを聞き忘れたのですが

第11章先天性および遺伝性疾患 P619-623 より

少し古い本だということですが
あまり研究も進んでいないかもしれません。

皮膚は避けやすいのですが傷は治りやすくあるそうです。
縫合はマットレス縫合法を用いるように書かれておりました。
(浅く皮膚をとって縫うとそこから裂けるようです)


獣医さんが(先天異常のために治療法がないので)サプリメントなどを探してくれたそうです。

コラーゲンやコンドロイチンなど(人間用)があるようですが、
コラーゲンをつくる酵素が欠損しているので意味が無いかもしれませんねとのこと


調べてくださっただけでも嬉しい気持ちがしました。

ちなみに、
人間だと、アスコルビン酸(ビタミン C)は出血を軽減することがあるといわれているようで
アセチルサリチル酸(アスピリン)は回避すべきだと書かれています。


しろちゃんに対してできることは、

怪我をしないようにできるだけ気をつけること。
喧嘩や交通事故を避けるだけでなく、
単なる日常的な活動の間にも特別な保護が必要である(前述の本より)。


激しくぶつかったりすることもよくないのです。
しろが野良ちゃんだたら生き延びることはできなかったのだなと思います。
女の子だったら避妊手術のときにどうなっただろうかと思います。
しろは男の子でよかったね。


いつか獣医学が進んで
動物たちも遺伝子治療など受けれるようになればこの疾患も克服できるのだろうと思います。


心配なのは、
コラーゲンの欠陥ということは、
皮膚だけにとどまらないのでは?と思われるからです、
獣医さんに尋ねたのですが分からないということでした。

猫白血病のキャリア猫だったフィータンに比べるとはるかに傷の治りはいいのですが、
治りかけの傷を引っ掻くとまたそこが裂けてしまいます。

上記の本に場合によっては爪を抜いてしまうこともあると書かれていましたが
それはちょっと‥と思います。

まんまるお月しゃま、あたちのお怪我がよくなりますように‥。(しろ)

DSC_6443_538.jpg



人間のEhlers-Danlos 症候群の方たちは友の会(患者会)があるようです。

◆ 日本エーラスダンロス症候群協会(友の会) 
http://ehlersdanlos-jp.net/modules/EDS2/





まんまるおかおで悪かったわね。これでも心配しているのよ。(みけちゃん)

DSC_6358_545.jpg




我が家は犬や大勢の猫がいる環境なのでいろいろ考えると悩ましいです。









スポンサーサイト
【2009/04/19 22:58】 | しろ | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
再び引越し
仔猫達どこに住んでるのかな~。
と思ってしばらくして、三毛ちゃん達がお隣の家の北側の庭にいるのを発見。
車庫の裏でお隣の人もめったに来ない場所。
さすが、三毛ちゃん。我が家の餌場には塀を越えてくることができる。
車も来ないし、車道も渡らなくていい。
交通事故やいじめられたりの心配もしなくていい。
安心した。

お隣の裏庭で仔猫達が遊んでいるのをときどき見かけた。
といっても真裏のお宅と我が家の境のブロックに登らないとみえない。
裏のお宅所有のブロックである。
いくらなんでも、頻繁に登る訳にはいかないし‥。

でも、しばらくは安心。

三毛ちゃんは朝ごはんを食べにきて、お天気がいい日には日向ぼっこ。
仔猫達も、隣の裏庭であそんでる。のぞくと気づかれちゃう。
まさに、蜘蛛の子を散らすようにいなくなった。
仔猫だけであそんでいることも多かった。
やっぱり、仔猫達ご飯は食べに来ないんだよね。

なんとか仔猫達をと思い、お隣の敷地に入って、仔猫を追っかけたりもした。
しろがあと少しで、捕まるとこだった。

お隣の車庫と地面の間に挟まるように隠れていた。
挟まったのかと思って、土を掘って救出しようとした。
勝手にお隣に入ったもので、ドキドキしながらだった。
そのうち、もぞもぞとバックしてダッシュで逃げていきました。
しろに触って取り出そうとしたのだけど威嚇もしなかった。

ふわふわの毛の、(白黒ちゃんと思っていたら)白キジちゃんでした。
そのころから、しろだけはどんくさい子でした。

20070924222246.jpg

おおっ、なんかおる~。
20070924222308.jpg

にょにょ、みつけた~。




【2007/09/24 21:46】 | しろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
しろちゃん
いつもいつも過去のお話ばかりなので、現在の仔猫の近況です。
いつも、元気なしろちゃん
やわらかい毛質、皮膚も柔らかいらしく、生傷が絶えません。
負けん気が強いので、兄弟げんかも、とことんまで。
そのわりに動きが鈍いのが(どんくさい子)原因かな?
おやつに弱い面もあり、傷の消毒のためつかまえる時には
おやつが大活躍します。

minnna.jpg

うにゃにゃ、んむむっ。  うしゃしゃ      トコトコ
jyannpu.jpg


とおっつ!!

写っていないところで、猫じゃらしが、宙をぶんぶん飛び交ってます。

しばらくは、この子達の近況をお伝えしますね。





【2007/09/17 01:41】 | しろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。