スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
保健所犬の飼い主と仔猫の体重
とにかく家に帰って、子猫用のミルクや哺乳瓶を確保。
ペットシーツに仔猫をいれるケースも。
まおたちの、未開封のミルクがあった。

家の仔猫達にもお昼ご飯を、夕方は遅くなるかもしれないから。

もたもたしていたので、2時半くらいになった。

とにかく仔猫をつれにもどり、その足で獣医さんへ。
平日の午後は手術のため診察不可のところがほとんど
お世話になっているペットグッズ店さんより情報を頂いた。

さっそく健康診断、蚤ダニ、耳ダニなし、
検便異常なし(これは再度チェックする予定、寄生虫がいなくても再確認は必要と思うから)
数日前まで室内で飼われていたと思われる。
心音もOK.爪を少し切ってもらう。

生後一ヶ月ほど、体重は260gと180gでした。

ミルクの飲ませ方を教えていただきました。
おしっことウンチのだし方も‥。

ここで、ミルク補給と排尿をしてもらいます。便はでませんでした。

その足で、Hさんに猫を見ていただく。
(本当は、直に仔猫を連れて行ったりはしない、
この時は獣医さんのすぐ近くだったので短時間寄らせてもらいました)

お仕事中だったので、職場にお邪魔する。
社長さんがいらしたのですが、猫同伴で事務所にとおしていただく。

この直後電話が鳴った。役場の親切な職員さんからである。
どうしたのだろう‥

猫や犬の神様っているのかな‥と思った。

保健所のしば犬さんの飼い主さんが、引き取りにきたとの知らせでした。

思わず涙声に、泣いてしまいました。

詳しい事は分からなかったそうですが(保健所ではないので)
とにかく、捕獲された地域の方で、しば犬さんの飼い主さんが夕方、
引き取りにきたのは間違いないそうです。

どんな人が引き取りにきたの?心配していたの?
優しい人?気になったけれど、保健所も閉まるような時間でした。
犬違いでないか、不安になった休み明け一番に確認しなくては。

とにかくうれしいのと、不思議な気持ちがしました。
犬に本当の飼い主が現れて、同じ日に猫を保護した私。

仔猫シスターズ。

Hさんも、驚かれるくらいに小さい。そして可愛い。

Hさんの猫ちゃんの写真、かわいい猫ちゃん。
しろと同じ、しろキジちゃん。
可愛がっていらしたのがよくわかる、愛情あふれる写真。

もう二度と交通事故に遭わせたくはない。

ハンサムな社長さんにお仕事中にありがとうございました。

Hさんの職場を後にして、家に帰る。

どこに仔猫を置くのか、大問題。
三毛ちゃんファミリーの部屋は、仔猫のワクチンもまだの為不可。
フィー太郎のところは、論外。
居間には、犬がいる。
部屋がもう無い。気の毒だけど2階廊下の隅で、暖かくして休んでもらう。

夕方帰宅後は、ほぼ三時間おきにミルクをあげる。
ミルクの前に脱脂綿で排泄を促して、ミルクのあとにも同じことを。
ためしに、ウエットフードの柔らかいものを与えたら
手足で踏みながら食べてくれた。あまりに散らかすので口まで持っていく。
シリンジを探したけれど、いいサイズが無い。

夜は、保健所犬の飼い主が現れた事を、関わってくださった方に連絡した。
明日は、ポスター掲示を許してくださった方へ、お礼と結果報告に行こうと思う。

夜の0時近くになり、一ヶ月の仔猫は、こんなに小さいのかと、
疑問に思い、しっかりと調べる事にした。
猫の本は、行方不明。ネット検索するもうまくヒットしない。
CAT'S EYES‥さんのサイトで調べると大変な事がわかった。

生後一ヶ月の仔猫の体重、400から500g
この子達、生後二週間分の体重しかない。

歯が生えており、自力でも排泄ができる。
眼も開いており、動き回る、何かを登ったりもできる。
生後一ヶ月なら、これ位できるはず????

ウエットフードは中止して、きっちり3時間後との授乳と排泄促し。

生後一ヶ月と言われて、安心していたことは、大間違いではと思い
不安になる。

ミルクも飲んでくれる。動きもある。便や尿もでている。
保温に気をつけて、時々ペットボトルのお湯をかえた。
湯たんぽの代りに使えます。
ホット用のお茶の空きボトルです。
タオルなどを巻き、仔猫がやけどしないように‥。

こちらはまだ寒くは無いので、仔猫の入ったバスケットを
ダンボールに入れて、バスケットとダンボールの間に
数本のペットボトル湯たんぽを新聞紙につつんで入れた。
ダンボールのふたはせずに、上から布などをそっとかけた。

3時すぎると、少し冷えてきたので、まめにお湯をかえた。

CAT'S EYES‥の川口さんにも、相談のメールを送る。
心配。


20071006125057.jpg

大きいさん。
20071006125124.jpg

小さいさん。大きな声です。




スポンサーサイト
【2007/10/05 23:42】 | 仔猫シスターズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大きいさんの容態急変。 | ホーム | 保健所の犬と新たな仔猫>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tarachibi.blog115.fc2.com/tb.php/24-238d5447
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。