スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
みけちゃん、あのね‥。
三毛ちゃん、切ない話を聞いたんだよ。

DSC_4558_356.jpg


お外の猫ちゃんの吐瀉物ね、
沢山の藁の中に
バッタやコオロギの脚なんかの体節が少しだけ混じっていたんだよ。


DSC_4557_355.jpg


ほとんどが藁だったって、
お腹が空いて藁を食べたのかな、と思ったよ。

グランもプティもお外は楽しそうだと思っている。
DSC_4430_354.jpg
 (写真:プティ、グラン)


こはくちゃんは、どうかな?
覚えているのかな?

DSC_4560_363.jpg
(写真:こはく)

三毛ちゃんは、覚えているよね。
でも三毛ちゃんは、狩りが上手だったかもしれない。
どのにゃんこより強かったもんね。
ごはんも頂戴って云えたもんね。

また来るかな?
ごはん食べに来てね。

DSC_4569_362.jpg

DSC_4570_357.jpg
覚えている。おかあちゃんがもって来た小さなヘビで狩りのれんしゅうした。(こはく)


三毛ちゃんは、こんなに近くで写真を撮らせてくれるようになりました。
表情も柔らかくなってきたような気がします。
みけちゃん、みけちゃん、みけちゃ~ん、といいながら
(追いかけつつですが)背中を撫でさせてくれるようになりました。
こはくちゃんは、相変わらずビビリさんです。
シーバを食べている時に爪を切らせてくれるようになりました。
(シーバは爪きり用です)
今日は、前足だけ。
来週は後ろ足だけ‥そんな感じですが。

三毛ちゃんとこはくちゃん、まおちゃん(今日は写真なしです)の里親さんを募集しています。

しろちゃんは、また怪我をしてしまいました。
しろちゃんは、単頭で可愛がってくださる里親さんを探しています。


お腹が空いて堪らなかったのでしょうね。
藁がほとんどだと聞いたときは驚きました。
切なくなりました。

特別めずらしいことではないのかもしれません。

でも、悲しかったです。




迷い猫のお尋ねです。
2008年9月初め川崎市多摩区、高津区の狭間にて猫ちゃんが保護されています。
(飼い主さんとの移動中に脱走した可能性もあります。)
ハーネスをつけていて、グレー(シルバーダビー)のアメショーMIX風。
目は、グリーン系
高齢かと思われる猫ちゃんです。
一ヶ月近くさまよっていた可能性あり。
しっぽは真直ぐで長い。ひとなつっこい。

ハーネスの色と性別は飼い主さんを確認するために明記されてません。
日記やブログに転記もしくはリンクできる方はお願いしたいとの事です。

HANBIさんよりのお願いです。
HANABI.jpg
この子が飼い主さんを探しています。
ご協力お願いいたします。
警察や近隣の保健所などには照会済みとのこと。
ポスターを掲示予定との事ですが、情報がありません。
鍵コメントで結構ですのでなにかご存知の方はお知らせ願います。


スポンサーサイト
【2008/09/22 22:26】 | taratara | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<みけちゃん、あのね‥。(2) | ホーム | しろちゃん健在です。>>
コメント
ノラ猫さんの現状なのかもしれませんが、ゲーの中に藁ばっかりというのは、私も読んでいて切なくなりました。
その子が、たまたま藁を沢山食べてしまったからゲーしたのであればいいのですが・・・。 
近くに猫さんの為に動いてくれる方がいない場合、こういったひもじい思いをしている子も沢山いるのかもしれないです。もしこれが近くの子だったら私が行くのにと思ってしまいます。

しろちゃん、またケガしてしまったのね(TT)
早く完治してくれるといいですね。頑張れしろちゃん!
【2008/09/22 23:43】 URL | ぽてとママ #-[ 編集] | page top↑
今、川口さんの所で三毛ちゃんの新しい写真を拝見して、
もしかしたら・・・と思い、飛んできました。
三毛ちゃんの写真を見るたびに、その瞳を見つめる度に
胸がいっぱいになって涙が出ます。
お外にいるときには子どもたちをしっかりと守り、
taratara さんにしっかりと訴えていましたね。
その気持ちを真っ直ぐに受け止められたtartaraさんのお気持ちが
また嬉しくて、最初に目にしたときから親子のことが気になっていました。
みんな、tartatara さんのお家で大切にされて、
穏やかな毎日を過ごしながら、焦らず、ゆっくりと、
運命の方との出逢いを待っているのですね。

お外にいる子たちは、ひもじい思いに耐え切れず、
何でも口にしてしまわざるをえないのですね・・・。
木の枝を食べていた子もいましたね・・・。
あれこれと好き嫌いをしても好きなものをお腹いっぱい食べられる子と
栄養にならないものでも食べざるを得ない子たちとの差は本当に紙一重・・・。
言葉ではとても表すことのできないくらい堪らない気持ちになりますね・・・。
その子は今もお外暮らしを続けているのでしょうか。

しろちゃんのけが、今回は何が原因なのですか?
今回も、壊死している部分を切除することで大丈夫そうですか?
ジルも、昨夜、左眼に病変を認め、夜中に指示を仰ぎ、
今日病院へ飛んでいきました。 ぶどう膜炎ではなく、原因不明の疾患で、
違う目薬の点眼と内服を始め、掻かないように、カラー生活を再開しました。
FeLVとは関係ないそうなのでそれが救いです。
【2008/09/24 01:15】 URL | ramby #WR.WlwSI[ 編集] | page top↑
藁、まちがって食べただけだといいのだけどと、私もそう思います。
この子、うちに来たんです。
2回ほど顔を見せてくれて、ごはんを食べてくれたんですけど
その後、見かけません。
ごはんをくれるおうちが見つかったのならいいのですが、
気になって、来ていないかとお外を見にいくのですが
見かけないのです。夜や朝に来ていないかと気にかけています。
心配なさったでしょう、すみませんでした。
ひもじくって、砂を食べたり石を食べていた仔猫の話を聞いたときは
あまりの事に胸が苦しくなりました。
(その仔猫は保護されて今は幸せにしています。)
食べるものがないとしても、石や砂、藁を食べるって‥。
そんな子達がいろいろなところにいる現実、辛いですよね。
野良猫は自由で幸せだとは、とても思えないですね。
食べることで精一杯の毎日ですよね。

しろの怪我の経過は順調です。
あと10日もすれば完治すると思われます。
しろちゃんは、キャリーの音を聞いただけで固まります。
キャリーに入れられたら獣医さんで縫合だったから、
今でも、ぶるぶる震えるくらいに怖いようです。
傷を獣医さんに診てもらい、お薬で治るようになってきたのでよかったです。
ご心配おかけいたしました。

rambyさま

三毛ちゃんの写真、ずっと時間に沿って見ていくと‥‥。
大きく(?)なっていますね。前は、すっとスリムだったのですね。
なんとなくここは安心できるところなんだ、と思ってくれているような気がします。
撫でられてもいいかな‥と、考えているような時もあるのですよ。
少しずつですが馴れてきてくれています。
ごはんの時は、ふみゃーと鳴いて催促しますよ。
ずっと気にかけて頂いてありがとうございます。

藁の子は(たぶんですが)いまもお外の子です。
ごはんを食べに来てくれたのですが、その後見かけません。
今も気にかけています。心配させてすみません。
どなたかから、ご飯をもらえるようになっているといいのですが‥。
木の枝を食べていた子もいるのですか‥。
現実は、そうなのでしょうね。
野良ちゃんはいいわね‥と思っている方は多いと思いますが、
ごはんをもらえていない子は、ひもじい思いをしていて
虫や蛙などを食べている子も多いのでしょうね。
冬はどうするんだろう‥、木の枝を食べちゃったりしてしまうのでしょうね。

しろの怪我の一つは、こはくちゃんかもしれません。
爪は、切っているのですがしろが怪我した日に確認したところ
伸びているものがありました(二日かけて前足は再度切りました)。
あくまで推測ですが。
しろが自分で引っ掻くには難しい場所だったので‥。
もう一つは、よく分からない内出血です。こちらはあきらかな傷口はありません。
(以前も同じ事があって、血液の病気(紫斑)なのではと凍りついたのですが検査の結果ちがいました)
打撲のようなのですが、どこにもぶつけたりはしていないように思えるのです。
経過は順調です。
壊死した部分は自然にはがれて下からは新しい皮膚が再生しています。
獣医さんが少しだけ皮膚が強くなっているのかもしれないと言われました。

ジルちゃん、どうですか?
FeLVとは関係ないのですね。よかったです。
でも、原因不明ですか?
自然と治るといいですね。心配です。
【2008/09/25 00:00】 URL | taratara #xw27v.Lk[ 編集] | page top↑
久しぶりにお邪魔しました^^

tarataraさんのお写真はいつ見ても素敵ですね。

三毛ちゃん、きれいな猫さんですね
tarataraさんのところで大事に保護されて赤い糸を待っているのですね。
他の子たちにも、どうかいいご縁がありますように・・・

お外の子の厳しい生活は想像を絶するものがあると思います。
たとえ野良さんでも、ご飯をもらえる子はまだ幸せな方かもしれません。
大多数の子はご飯をもらうこともできず、彷徨って最後には力尽きてしまう・・・
藁を戻した子もそんなギリギリの生活をずっとしてきたのでしょうか
切ないです。
【2008/09/27 02:06】 URL | mitoko☆ #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
mitokoさま
ありがとうございます。
三毛ちゃん美人さんなのですが、ちょっと太らせてしまいました。
スレンダーだったおしりが大きくなりました(笑)。
三毛ちゃんをいつか抱っこしてみたいものです。

>大多数の子はご飯をもらうこともできず、彷徨って最後には力尽きてしまう・・・
力尽きてしまう…か…。
本当に厳しいですね。
毎日のように人間の食べ残しが捨てられているはずなのにとも思います。
毎日ごはんをもらえない子の方がずっと多いのですよね。
三毛ちゃんもお外暮らしのときは、朝早くからずっとごはんを待っていました。
食べれるかどうかは切実というか、生死のかかったことだったのですね。
食べることができない経験もしたのでしょうね。
藁や木の枝、石まで食べた子達、ひもじい思いをして亡くなった子達。
せめてお腹いっぱいに食べてから…と思ってしまいます。
ごはんと避妊、去勢、一緒にしなくてはとも思います。
【2008/09/27 13:44】 URL | taratara #xw27v.Lk[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tarachibi.blog115.fc2.com/tb.php/56-77f6d139
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。