スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ワクチン接種、ぜえぜえ‥の巻
三毛ちゃん一家のワクチン接種の時期です‥。
10月中にと思っていたら自分が体調を崩してしまい1ヶ月ほど外出を控えることになりました。

獣医さんより、ぼつぼつで大丈夫ですよ、3匹分のワクチンキープしておきますね、
と言っていただきましたが‥。

(まる1年経過したからと、突然ワクチンの免疫がきれる訳ではないということです。)

11月中にはなんとしても~と気合を入れました。(←先週の話です)

しろちゃんは、9月の終わり頃にワクチン接種が終わっています。(怪我したから通院していた‥)

今日は、朝から気合が入っています!!
さてとりあえず、みけちゃんとこはくを一緒に連れて行こう!!オー!!

‥。

あっさり、みけちゃんだけが(泣)ひとりでキャリーin。
想定外でしたが、入口を閉めてそのまま獣医さんへ。
移動中にかわいい声で鳴いていましたー。
これは、びびって入口におしりを向けているはず、すかさずおしりに注射してもらうつもりが‥。
獣医さんについてキャリーをよ~く見たら、
キャリーの入口を向いてこちらをしっかりとみつめて(睨んで)いました~。

先生に(失礼、もたもたせずに)すぐに注射を打てるように準備していただき
できたら爪切りもとお願いしました。

本当は、心音をきいていただき、体温を確認して、
体調をチェックしてからワクチン接種したいところですが
しっかりと観察していただき健康だと判断の上、ワクチン接種。

キャリーの上部をはずして、みけちゃんの顔をシーツで覆って
「みけちゃ~ん、見えない、見えない~っ」 となだめつつ
猫パンチがでそうなところをなんとかクリアーして
チュウ~、ハイ終了。
「せんせい、爪切りはいいです~。」

獣医さんでしばらく待機して(アレルギーや異常が起きていないことを確認して)帰宅。

帰りは鳴かないみけちゃんでした。(笑)

またすぐにきます~と先生に声をかけて帰宅。

みけちゃんと交代でこはくちゃんをキャリーに、キャリーに、キャリーに、‥入らない‥。

入口まで来て中を覗くので、おしりを押すのですが入らない‥。

怖がりだからな‥。

まおちゃんは、キャリーに入ったり出たり(じゃまだよ~)。

仕方が無いのでこはくと追いかけっこして、疲れたところを捕まえてキャリーに押し込む。

ふたり(私とこはく)して息が切れました。すまないね‥こはくちゃん‥。
お母ちゃんたすけて~と鳴き出すこはくでした。

みけちゃんは、注射も終わったしとのんびりしたものです。
とくに注射後に異常はないようでした。

こはくと追いかけっこしなくても
怖がらせないように日を改めると良かったのですが、
獣医さんに行った後はいつもけろっとしているので、気合が入っている内にと思ってしまいました。

移動中、一度も鳴かなかった。

獣医さんでは、いつも固まってしまうので簡単な健康診断、血液検査とワクチンと爪切り。
キャリーに入れるまでが大変なのですが、診察中は大人しくていつも優秀です。
ほかの獣医さんでもほめられる。

採血でクレアチニンがほんの少し高いので、いつでもいいので再検査しましょうとのこと。

獣医さんよりお昼休みでも電話をもらえればワクチン接種しますよとのことでしたが、
えらく混みあってきたので、午後から来れたらきます。
日を改めるかもしれませんと伝えて帰宅。
(先生もほっとしていたような気がしました(笑))

帰りも鳴かないこはくちゃん。

家にもどって元気にキャリーから飛び出すこはくでした。
(獣医さんでは固まっているけど、私だけだと固まらない(笑)。)

すでにお昼の12時を回っていたので、
朝ごはんは十分食べていたけど、がんばったご褒美にカリカリを少しあげました。
みけちゃんとまおちゃん、なぜかしろちゃんも食べました。

こはくちゃんもみけちゃんも痛いことされたけど、すでにいつもどおりでした。

信頼関係はできているんだな~と思って嬉しかったです。

とくに異常なく元気にしています。


あとは、楽々のまおちゃんだけです。

朝からキャリーをみて、大声で鳴き出してぶるぶる震えていたのはしろちゃんでした(笑)。

みけちゃんがキャリーに入ったところで、
今日(通院)は、自分ではないと気がついてもりもり朝ごはん食べてました。

勘違いさん‥。

ということで今回は写真がありません。(笑)


ワクチンの事は調べれば調べるほど不安になりますね。

ワクチンを打たなかったときのリスクとワクチンを打ったときのリスクを天秤にかけて考えるしかないようです。
ワクチンで防げる病気が多いことを考えると
ワクチン接種する方がよさそうだと思いました。

不幸にしてワクチン誘発性の肉腫ができることもあるそうです。
毎年注射部位を変えることなどでリスクを下げる工夫もしたほうがいいようです。
注射後のアレルギーなどが起きる事もあるので
ワクチン摂取後は、待合室や車の中などでしばらく待機します。

私は、次の日もその次の日も獣医さんが開いている日のできたら午前中に注射するようにしています。
(土日も開いている獣医さんは、とてもありがたいです)
なにかあったときにすぐに診察してもらえるようにと、なるだけ安全策をとります。

いろいろな種類のワクチンがある中でどうしてそのワクチンを取り扱っていらしゃるのですか?
そのワクチンで(先生の病院で)副作用例はありますか?

と、獣医さんに質問します。

その先生なりに安全だと考えてワクチンを選ばれているようです。


ワクチン接種が数年に一度だといいのにな‥と思います。

どしゃぶりの雨が降っていたために患畜さんが大変少なくラッキーな一日でした。
待ち時間もなくありがたいことでしたが、
にゃんこも私も疲れましたー。

だけど、副作用もなく元気にしていることがなによりよかったです。


とても不思議に思う事があるのですが、
獣医さんに通院するとねこたちとの距離が縮まるような気がするのです。
みけちゃんもワクチン接種に行く前よりもより近くでゴロンとするようになりました。
こはくもなんとなくこの人はそう怖いことはしないのだな~とは理解しているようだし、
しろちゃんも通院するたびに甘えん坊になっていったし‥
なんだか不思議な現象です。






スポンサーサイト
【2008/11/28 02:22】 | 三毛ちゃんファミリー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<まおのワクチン | ホーム | 金色の天使、優しいルナちゃんの里親さん募集中>>
コメント
こんにちは、ワクチンでしょー悩みますね。
うちは節約?!7匹でしょ。3年ごとにとしているの。節約とはいわないよねーけち。ってるんだけど。とりあえず、元気だしー
生後初めての場合は2回打つのだけど、去年保護したヘルニアの三毛ママにワクチンうったら・すぐに風邪にひいて大変でした。予防になっとらん・・生い立ち(ノラ)歴・環境にもよるし、そのこのもってうまれた体質もあるし、何も手を出さない方がいいときもあるのだなーと実感しました。1匹は肉腫ができているのですよ・・背中には打たない方が無難です。
【2008/12/02 14:26】 URL | 来夢 #aW8qDj4U[ 編集] | page top↑
こんばんは、来夢さん。
え~、肉腫ができている子がいるのですか?大丈夫?
ワクチンで体調不良になる子の事も聞いた事があります。
実際(乱暴な言い方ですが)薄めた毒でもありますし。
今まで問題なかった子に急にアレルギーが起き、その命を奪うこともあるし‥。
そんなケースの飼い主さんのお気持を考えると‥辛いでしょうね‥。
打たなくてよいものならとも考えますよね。
頻繁に獣医さんに行ったり、新しい子を迎えたりすることを考えると打たなくてはと思うし、人が媒介する病気だってあるし‥。
実際は、何年くらい効果があるのでしょうね。
体質にもよるでしょうけど抗体値をしょっちゅう調べることも難しし‥。

【2008/12/03 01:52】 URL | taratara #xw27v.Lk[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tarachibi.blog115.fc2.com/tb.php/65-0e4673fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。