スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
大きいさん峠越え。
10月6日、獣医さんから自宅に帰ってからはずっと仔猫を抱っこして過ごした。

柔らかい布にふわっと包んで、冬物のベストをお腹の辺りで内側に折り返して、
仔猫が落ちないように工夫してその中に仔猫をいれる。
ちょうどお腹の辺りに仔猫が眠った格好で横たわる。
上の方のボタンはかけないであけておくと仔猫の顔が観察できる。

暑かったけど、我慢。

このまま、天国にいってしまうかもしれないと思った。
せめて、お母さん猫と一緒にいるような気持ちで過ごして欲しいと思う
お母さん猫がするみたいに、撫でたりお口の周りを拭いたり‥。
(あまり触るとよくないかも知れず、少しだけ)

まったく動かない、鳴かない、眼の焦点はあっていない、表情もなし。
首がぐにゃりとしている。

Nさんに電話で尋ねてみた。
北九州のSさんの事を思い出して尋ねてみる。

仔猫がこんなに弱いとは思っていなかった。

お二人とも、仔猫は急に容態が変化すると仰る。

もう一度、救急病院のようなところに行こうかとも思う。

とにかく飲まないと難しいとも教えていただく。
少しづつでいいから、飲ませることが必要。もし飲まないなら無理かもと。
でも、無理と思っていても不思議と回復する子もいる事を聞いた。

とにかく、一滴づつでも飲ませよう。

容態はどんどん悪くなっていく、ブドウ糖液が口の端からだらだらとこぼれた。
飲む元気もない。おしっこもでない。ぐったりしている。まったく動かない。

一滴いれて喉の下をさすって、もう一滴。少し休憩。
それを続ける。

午後三時近くになって、にゃう と小さな小さな声が聞こえた。
目の焦点が少し合っている。
しっかり、ブドウ糖液を飲ませ続ける。

2cc飲んで休憩10分、1cc飲んで休憩、初めて喉をごくっとしてくれる。

仔猫にほんの少し、力がでてきたみたいな‥。

飲んでくれたら何とかなるような気もする。

でも、おしっこがでないと大変な事になる

ブドウ糖液も、誤ってこぼしてしまった。
一番近くの獣医さんは明日から連休。
今後は遠くまでいける容態ではないかもしれない。

獣医さんに、今朝の仔猫が少しだけ動いている事と
ブドウ糖液の、パックされたもの(傷まないので)が欲しい事と
おしっこがでないので、診て欲しい事を伝えた。

なんとか動かせると判断。
小さい紙袋にペットボトル湯たんぽ上にはタオル
仔猫をのせて紙袋の上から暖かい布をのせて
獣医さんまで、数分。  ブッブー車です。

獣医さんの意見も、ずいぶん動くようになったとの事。
(看護士さん仔猫をあまりその手でさわらないで‥。すごく弱っているのです)
プロの先生に排尿をおねがいする。
朝はほとんどなかった尿が、今は梅干大くらい膀胱にたまっているそうです。

あら不思議、おしっこがどんどんでました。

タイミングなのか、先生が上手いのか、私が下手だったのか。
とにかく、ほっとした。

体温 朝37度台が39度に、少し高いくらいでもいいとのこと。
感染症があると、熱をだしてやっつけるからと。
高熱というわけでもないし、仔猫をずっと抱っこしているのがいいのかも。

体温計とスケールだけ購入して、家に帰る。

帰りは紙袋の中で動かなかった、ブドウ糖を飲ませて
紙袋のまま妹に見ててもらう。
犬の散歩と三毛ちゃん達とフィー太郎のお世話。
とにかく、手洗いに気をつける。

すべて急いで終わらせてから、また抱っこする。
あの暑いベスト着用。
ブドウ糖液も少量だけど飲むようになった。
抱っこしていると、のそのそと脇のほうに移動した。
??気のせい??もう一度真ん中に抱っこした。
小さい子にも、授乳、排泄。
ゆっくり何度も脱脂綿で排尿させる。うんちは出ない。

川口さんからお尻だけ適温のお湯につけて排便させる方法、
他、アドバイスのメールをいただく。
(ありがとうございます)

自力排尿と思っていたのは、尿がたまりにたまって流れ出たのでは‥と思った。
この子達は自分で排泄できるならと、私の熱心さが足りなかった。
自分で排泄することは難しいみたいだ。

一人ぼっちの小さいさんのお世話をしていたら、
抱っこされていた大きいさんが首のところまで登ってきた。

復活!!

なんとか峠をこえたみたいです。

動き回り、犬が興味をもってしまうので
小さいさんと一緒にして保温をしっかりする。

小さいさん、うれしそう。でも、この子も保護時より元気がない様な‥。

3時間ごとと決めずに、30分から1時間ごと看にいって
長くとも2時間以内にミルクと保温の確認、排泄をすることにした。

大きいさんの回復力はすごい。しっかりと、こちらを見てくれます。
まだ、なき声は発しない。

小さいさん、本当に小さい。
少し元気がなく、この子も心配。

大きいさん、まだ病み上がり。横で寝てるのは小さいさん。
本日21時撮影。

DSCN2092.jpg


小さな仔猫は難しい、と聞きました。
さっきまで元気に遊んでいても、急に容態が悪くなりそのままの事もよくあるそうです。
どうしても、育たない子がいると聞きました。
多くの仔猫のお世話をなさった経験者の方のお話です。

最初に生後1ヶ月と聞いたとき、すっかり安心しました。
大丈夫だ、育つって。

とんでもない事でした。

仔猫を抱っこして思ったのだけど、やはりお母さん猫の温もりと、人工的な温もりは仮に同じ温度であっても違うのだと思った。
小さい方の仔猫も一緒に抱っこしようとしたのだけど、
動き回り、具合の悪い子を踏むので断念した。

残念そうにしていた小さいさん、人間の温もりの方が湯たんぽよりいいみたいでした。

早い時期に、母猫から離された仔猫が育たない原因、色々あると思うけれど
仔猫にとって母猫の温もりと安心感がなくなる事も大きく影響していると思う。

大きいさん(今も安心できませんが)抱っこされて安心してくれたように思えた。
最初は、ほとんど意識がなかったと思うくらい悪かったのだけど
それでも、なにか感じるところがあったのではと思える。
人間の恐ろしさを知らないこの子達は、抱っこされて安心したのではないだろうか?

沢山の仔猫をミルクで育てた方に笑われるかもしれないけど
(同じ事を、仰るかもしれないな‥)
感覚的な話だけど、抱っこする事で、何かが仔猫に通じたような気がした。
小さいさんも、大きいさんも、抱っこして添い寝してあげたい。
ちびさんが、やってくれないかな?
毛を剃らなければよかったな。(まず無理だけど、噛み付くかも)
仔猫は犬でもうれしいと思う、他の大人猫でもうれしいだろうな。
湯たんぽと違うものが、あるのだと思う。なんだろう?。
tibi.jpg

『仔猫も仔犬も、無理だから。』

昔、お猿さんの赤ちゃんを母猿から引き離して、
毛布を巻いたお乳のでないお母さん代わりの物と、
針金を巻いてミルクの飲める物とを与えたら、
毛布の方に、ずっとしがみついて、
お腹がすいたときだけ針金の方にいったそうですが、
この子猿の気持ち、人間にも良く分かりますね。

三毛ちゃんは偉かったな、まお、しろ、こはく標準以上のサイズだったし。
今でもお母さんのお乳が吸えるなんて。幸せな事なのよ。
(でも、そろそろやめようね)
20071006223804.jpg

8月終わりの写真です。お恥ずかしい今も飲んでます。

大変だけど、お母さんも一緒に保護してよかった。



やっぱり、眠いな‥。

午後9時過ぎ、小さいさん、うんちとおしっこでました。保温も確認。
午後11時過ぎ、大きいさん、沢山のうんちとおしっこでました!
そして、みーみーの声も。しっかり保温。

ご心配頂いた皆様、ありがとうございました。
少しだけ安心していいのかもしれません。
アドバイスをいただいた、川口様、N様、S様、ありがとうございました。


【2007/10/06 22:09】 | 仔猫シスターズ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
大きいさんの容態急変。
午前3時、ペットシーツにウンチさんが‥。
自分で排泄したようです。ちょっと柔らかいのかな?
授乳と排泄は異常なし。
ちゃんと飲んでくれる。元気もある。
午前5時半もOK
午前8時半。脱脂綿の刺激でおしっこが沢山出た。よかった。
ウンチが出た子もいる。よかったね。
小さいさんに、授乳。元気がいい。よくミルクを飲む。
大きいさんにも、授乳。すこし動きが鈍い。ミルクは飲む。

やはり、思ったより大変な体重なのかも‥。

ブログに川口さんからコメントが‥。
深刻な話だったのだ。

大きいさんの事も気になる。明らかに保護時とちがい元気が無い。

とにかく、別の獣医さんへ。

体重:大きいさん 300g、小さいさん 220g

増えている。よかった。

体温:大きいさん 37.8度、小さいさん 38度。

三週以上で四週かどうか微妙とのこと。
検便も異常ない。(仔猫なのでもう少し大きくなってまた調べる)
心音、脈も異常なし。血圧も。
蚤ダニ、耳だになし。

あきらかに、大きいさんの様子がおかしい。
獣医さんで
ブドウ糖リンゲル液(?)シリンジで口から補給。
何とかの飲むけど、おかしい。
血圧もあるし、瞳孔も開いてないそうです。

どんどん、動かなくなってきた。
脳障害だったら、血圧脈拍異常なしでこうなる事もあるという。
回虫の脳障害を(回虫がいないけど)考えて、体に吸収されないので
仔猫にも使える、回虫駆除を念のために飲ませるそうです。

小さいさんの活発な動きに比べ、保護時の元気さも無い。
だめかもしれない‥。
でも、体温も脈も問題ないそうですが、明らかにおかしい。

ブドウ糖液とシリンジをもらってかえる。

家に帰ったら、大きいさんを布でゆるく包みお腹の上に抱っこした。
冬の暖かいベストをきて、保温してみる。
(暑い、でもがまんする)

ほとんど動かない。
心臓は動いているけど、表情は無く、ミルクも飲まない。

危険な状態だと分かった。



【2007/10/06 13:39】 | 仔猫シスターズ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
保健所犬の飼い主と仔猫の体重
とにかく家に帰って、子猫用のミルクや哺乳瓶を確保。
ペットシーツに仔猫をいれるケースも。
まおたちの、未開封のミルクがあった。

家の仔猫達にもお昼ご飯を、夕方は遅くなるかもしれないから。

もたもたしていたので、2時半くらいになった。

とにかく仔猫をつれにもどり、その足で獣医さんへ。
平日の午後は手術のため診察不可のところがほとんど
お世話になっているペットグッズ店さんより情報を頂いた。

さっそく健康診断、蚤ダニ、耳ダニなし、
検便異常なし(これは再度チェックする予定、寄生虫がいなくても再確認は必要と思うから)
数日前まで室内で飼われていたと思われる。
心音もOK.爪を少し切ってもらう。

生後一ヶ月ほど、体重は260gと180gでした。

ミルクの飲ませ方を教えていただきました。
おしっことウンチのだし方も‥。

ここで、ミルク補給と排尿をしてもらいます。便はでませんでした。

その足で、Hさんに猫を見ていただく。
(本当は、直に仔猫を連れて行ったりはしない、
この時は獣医さんのすぐ近くだったので短時間寄らせてもらいました)

お仕事中だったので、職場にお邪魔する。
社長さんがいらしたのですが、猫同伴で事務所にとおしていただく。

この直後電話が鳴った。役場の親切な職員さんからである。
どうしたのだろう‥

猫や犬の神様っているのかな‥と思った。

保健所のしば犬さんの飼い主さんが、引き取りにきたとの知らせでした。

思わず涙声に、泣いてしまいました。

詳しい事は分からなかったそうですが(保健所ではないので)
とにかく、捕獲された地域の方で、しば犬さんの飼い主さんが夕方、
引き取りにきたのは間違いないそうです。

どんな人が引き取りにきたの?心配していたの?
優しい人?気になったけれど、保健所も閉まるような時間でした。
犬違いでないか、不安になった休み明け一番に確認しなくては。

とにかくうれしいのと、不思議な気持ちがしました。
犬に本当の飼い主が現れて、同じ日に猫を保護した私。

仔猫シスターズ。

Hさんも、驚かれるくらいに小さい。そして可愛い。

Hさんの猫ちゃんの写真、かわいい猫ちゃん。
しろと同じ、しろキジちゃん。
可愛がっていらしたのがよくわかる、愛情あふれる写真。

もう二度と交通事故に遭わせたくはない。

ハンサムな社長さんにお仕事中にありがとうございました。

Hさんの職場を後にして、家に帰る。

どこに仔猫を置くのか、大問題。
三毛ちゃんファミリーの部屋は、仔猫のワクチンもまだの為不可。
フィー太郎のところは、論外。
居間には、犬がいる。
部屋がもう無い。気の毒だけど2階廊下の隅で、暖かくして休んでもらう。

夕方帰宅後は、ほぼ三時間おきにミルクをあげる。
ミルクの前に脱脂綿で排泄を促して、ミルクのあとにも同じことを。
ためしに、ウエットフードの柔らかいものを与えたら
手足で踏みながら食べてくれた。あまりに散らかすので口まで持っていく。
シリンジを探したけれど、いいサイズが無い。

夜は、保健所犬の飼い主が現れた事を、関わってくださった方に連絡した。
明日は、ポスター掲示を許してくださった方へ、お礼と結果報告に行こうと思う。

夜の0時近くになり、一ヶ月の仔猫は、こんなに小さいのかと、
疑問に思い、しっかりと調べる事にした。
猫の本は、行方不明。ネット検索するもうまくヒットしない。
CAT'S EYES‥さんのサイトで調べると大変な事がわかった。

生後一ヶ月の仔猫の体重、400から500g
この子達、生後二週間分の体重しかない。

歯が生えており、自力でも排泄ができる。
眼も開いており、動き回る、何かを登ったりもできる。
生後一ヶ月なら、これ位できるはず????

ウエットフードは中止して、きっちり3時間後との授乳と排泄促し。

生後一ヶ月と言われて、安心していたことは、大間違いではと思い
不安になる。

ミルクも飲んでくれる。動きもある。便や尿もでている。
保温に気をつけて、時々ペットボトルのお湯をかえた。
湯たんぽの代りに使えます。
ホット用のお茶の空きボトルです。
タオルなどを巻き、仔猫がやけどしないように‥。

こちらはまだ寒くは無いので、仔猫の入ったバスケットを
ダンボールに入れて、バスケットとダンボールの間に
数本のペットボトル湯たんぽを新聞紙につつんで入れた。
ダンボールのふたはせずに、上から布などをそっとかけた。

3時すぎると、少し冷えてきたので、まめにお湯をかえた。

CAT'S EYES‥の川口さんにも、相談のメールを送る。
心配。


20071006125057.jpg

大きいさん。
20071006125124.jpg

小さいさん。大きな声です。




【2007/10/05 23:42】 | 仔猫シスターズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
保健所の犬と新たな仔猫
10月3日の朝に、ちょっとした事から
保健所に青い首輪に鎖をつけた犬がいる事を知りました。

青い首輪に、ちぎって逃げたのでしょうか?短い鎖。
もう若くは無い柴犬さん。

私の顔を見ると尻尾を振ってくれました。じっと眼を覗き込みました。
『わんちゃん、わんちゃん』と話しかけるとじっと聞いてくれます。

保健所の職員さんには、わんわんと吼えます。
面会は、ほんの数十秒だったように思います。
写真は遠慮してとの事。

どう見ても、飼われていた犬。首輪だってそう傷んでません。
飼い主以外には、引き渡しはされないそうです。
私だって、引き取り飼う事ができるわけではありません。

保護犬の記事をチェックします。
迷子犬保護してます、犬を探しています。本当に驚く位の数です。
迷子になってしまい飼い主に会えない犬達が沢山いるのです。
とりあえず、この犬を登録します。
勝手に飼い主を探す事に決めました。

登録した記事のすぐ下に、偶然、行政処分犬の保護里親探しに
成功なさった方の記事がありました。
早速コンタクトをとります。ありがたいことに連絡をくださいました。

この方達のご尽力もあり、やさしい里親さんに引き取られています。
詳しい経緯やアドバイス、飼ってくれる人を知り合いに打診してくだることまで‥。
本当にありがたく、励みになりました。こんな暖かい人たちもいるのです。
K県のお二人様ありがとうございました。

保健所の柴犬さんの飼い主さんを探して、同時に里親さんも探します。
沢山の張り紙をします。
写真が無い上に、カラフルでもありません。何の張り紙か分かり難いものでした。

役所にもいって、できることをしました。
理解のある職員さんが、留置の期限を2日後から9日後に変更してくだったのです。
これで、一息つけます。

犬のイラストを張り紙に追加して、留置期間が延びたことを付け加えます。
さびしいポスター、犬のイラストで少し興味をひいてもらえそうです。
捕獲された場所を中心に10kmを目安に掲示します。
わかり難いポスターです、必ず内容を説明しました。
犬でなく、飼い主の人をさがしていること、
まもなく殺処分になる事
代わりにに引き取り、飼ってくれる人も探している事

捕獲があった地域には、ピンポイントで聞き込みを続けます。
年取った柴犬がいる家をきいて、調べました。
これは、とても体力と時間のいる事でした。


張り紙の掲示を断られても、こういった犬を探している人がいないか聞きました。
とても時間のかかる作業でした。
でも、時間がないのです。

自分で引き出してゆっくり飼い主を探す事もできますが、
そういった余裕も無く、どうしていいのか分かりませんでした。

とにかく今できることをがんばりましょうとK県のお二人に
アドバイスをいただきながらでした。
なんとか保健所から引き出して生かしてあげたいという気持ちが
伝わってきます。

それでも、申し訳ないことに私自身は飼えないなと思っておりました。

一人ぼっちで暗い檻の中の犬。怖いだろうな。夜更けは寒いだろうな。
私まで、辛くなってきます。心が挫けそうになりました。

それでも、協力してくれたK県のお二人様、
優しく動物の好きな友人Cさん。
犬達のために活動なさっているS様。レスキューお疲れ様です。

皆さん、必ず救い出そう、救い出してあげたいと考えてくれました。

ある方は、
私も一人なら、あなたも一人、この子を救い出すのはことは、
あなたしかできませんと諭してくださいました。
ありがとうございました。

職場の隅っこで飼えないか、一時預かりしてくれる人はいないかも探してみました。

ネットのサイトにも登録します。

どれも、思ったより時間や手間のかかることでした。

刻々と処分の日が近づきます。
役所の親切な方(課)に犬の確認をします。
引き取り手はないそうです、譲渡会などもしていないそうです。

青い首輪の柴犬を探している人の情報をCさんがくれました。
早速連絡をしましたが、大きさなどが違うとの事。
保健所に電話で詳しく確認なさったそうです。
いまも、愛犬を探し続けている若い女性。はやく会えますように‥。

そして本日、運よく仕事が午前中で終わりました、めったに無い事です。
午後から、範囲を広げて獣医さんを中心にまわりました。

午後1時ごろに、掲示をおねがいしにいった所で小さな仔猫がいる事を聞きました。
家猫が生んだ仔です。
もう3日間もダンボールに入れられたままです。
小さい仔猫。まお達を保護したときよりずっと小さい仔猫。
二人で寄り添っています、二人とも女の子とのことでした。
保健所に渡される可能性もあります。
飼い主だった人もどこに行ったのか分かりません。

今は、保健所のしば犬さんが先です。
でも、このままでは衰弱死してしまいます。だれも保護する事はできないそうです。

どうしたらいいの?とにかくポスター掲示が先です。

すぐに戻りますと伝えました。保健所がきたら阻止してください!と言い残しました。

目標の場所すべてに張り紙の掲示をすませて、
自宅に戻り仔猫保護の準備。

しば犬は?これ以上の猫や犬を保護できるの?どうするの?
気は確かなの?

混乱します。

小さな姉妹猫、お母さんが恋しいでしょうに‥。

ふと、Hさんの事を思い出しました。
先住の猫ちゃんを交通事故でなくされた方です。
声をかけてみることにしました。
誠実で、まじめな方‥。



20071005223019.jpg

20071005223041.jpg


少し可愛そうな持ち方をしています、片手で写真を撮った為です。
私の手には、必要なことがメモされております。
(お恥ずかしいです)




【2007/10/05 21:46】 | 仔猫シスターズ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。